デキる上司、消えて行く上司

女性SE・PG画像 上司でなくても、同僚でも先輩後輩でもパートナー会社の方でも、結構すぐにわかってしまう。

 デキる人と脱落していく人。

 要は、知識や技術の量ではないのだ。プロジェクトを回すための力、システムを作り上げるための力。

イエスマン

 プロジェクトリーダークラスで一番厳しいのが「イエスマン」。 お客さんの条件を全て飲もうとする人。

 なんだかんだ、お客さん、特にエンドユーザーさんは、システムを魔法だと勘違いして何でもできると思ってしまっている。そして、なんでもやっちゃおうと思っている。そこに整合性や合理性がなくても。特に、「以前からこうしているので」という伝統を守ってしまおうとするお客さん。それじゃシステム化する意味ないよ、とかリニューアルする意味ないよ、ってもんで。

 で、これらを飲み込もうとするのではなく、あるときは拒否し、あるときは「この納期では難しい」ということをきちんと説明するべきだし、お客さんだってダダっこじゃない普通の社会人なので、予算と納期を考えたら了承するはずなのだ。(往々にして高いシステム開発料払ってんだから、やってくれ的な態度ではあるけれども)。

 「できない」ということは能力がないことを意味していると勘違いするリーダーも中には居て、これが一番困ってしまう。スケジュールに無理があれば、メンバーの稼動にも無理がでて、しまいには満足できるシステムが出来上がらないということで、結果そっちの方が能力がないことになってしまうのに。

 この風潮も抜けきらないから、未だに激務現場が減らないということなのだろうか。競争に負けないように飲むしかない場合もあるのか。

各マネージャーに手順を指示したときのこと

 現場クラスでは、そんな風潮だが。 そのプロジェクトリーダーをまとめるマネージャークラスの力量を図る事柄もあった。 私が品質管理関連の部署におり、ISO認証取得の事務局の仕事で、各マネージャーに手順を指示したときのこと。

 そこで「こんなことやってるヒマはないのに。」と文句ぶーぶーのマネージャーと、わからないことがあればとんできて手短に質問し、「あとはあそこを参考にやっとくね!」と去っていったマネージャー。文句言ったって、やらなきゃいけないことには変わりないんだから、さくさく片付ける方が確かに賢い。

 よく見ると、文句ぶーぶーのマネージャーが管理するプロジェクト達は火噴き率が高かった・・・なんて偶然かもしれないが、顧客ウケが良かったり社内表彰を受けたりするのは、さくさく進めたマネージャーのプロジェクトが多かった。

 そもそも、まずマネージャークラスに昇るまで社員として残ること、そしてその中から選ばれること自体、マネージャー達はデキる人の集団なのだが、そのなかでも明暗を分ける事柄であったと思う。

 それから数年後、やはり「デキる」と感じたマネージャーは部長に昇格、文句ぶーぶーマネージャーはまだプロジェクトの火消しに奔走している。(または退職している。)