楽しいオタク現場

女性SE・PG画像 コミュニケーションの普通にとれる、見た目ごく普通の人間達の、オタク現場に身をおいたことがある。
OSマニアが居たり、家にキーボードが沢山あってインテリアとして飾ってあるという人が居たり。

 何かしら、ちょっと変わっていた。

 日中、突然新型PDAの話に盛り上がっていたこともあった。ほぼ全員のカバンの中から、PDAが取り出され、自慢されていた。

 私もザウルス(かなり昔のもの)を持っていたのだが、まさかここで仲間にはいれてしまうとは思っていなかった。そんな、オタクじゃないと思ってたのに・・・。

中身を物色しだすメンバー達

 私が昼休みに買った自宅用家電話の入った、ヨドバシカメラの紙袋を見て嬉々としてわらわら集まってきて、中身を物色しだすメンバー達・・・そこには君たちの喜ぶものは入っていないよ(涙)ただの家電話だよ・・・。中身を知って悲しそうに席に着くメンバー達・・・。

 ただの電話を買ってきた私が悪いみたいじゃないか、でも「つまんなくてゴメンよ」と胸を痛めながら思った。別のメンバーは、携帯電話を新機種に。するとまた、みなでわらわら囲みだし、持ち主の手を離れ、あれこれワイワイ楽しまれ、持ち主の手には着メロと待ち受けが設定済みでカスタマイズされたものが返ってきたのだった。

 私のザウルスも一周したのだが、一番のマニアが「この地図情報、どうにかしてコピーして自分の方に入れられないかなぁ・・・」と首を捻っていた。分解されかねないような雰囲気に怖くなり「ダメダメ、できませんよ!!」って取り上げたのだけれど。

 そのあと、地図を使って調べようとしてザウルスを開いたらなんと、北海道しか表示されない・・・「地図データ、抜かれた!!!」と焦ったけれど、そんなわけはなかった(どうしたって出来ないのだ)。電池を抜いて再度入れたら元に戻った。

 なんか、普通とはちょっと違うかな、と思う程度でとても面白い毎日を過ごしていた現場なのだが、私もオタクだったってことなのか?!