資格についての私の考え

女性SE・PG画像 国家資格も公的資格もベンダー資格も、持っていれば仕事が来る、仕事が出来るという魔法のカードではないと私は思う。

 確かに、有利な場面も多くある。取っておけば、信頼度アップという肯定派と、資格取得に時間を割くなら専門書を読んで実務にあたれ、という反対派も居ると思う。

 実際に、就職や転職に有利かというと微妙なところ。条件が同じ人材が並んだ時に、比較ポイントとなるかな、ぐらいだと思う。

 特に国家試験は基本理論をベースにしているからか、勉強した人が取得できて、実務でバリバリやっている人が取れない場合もあるからだ。その点、過酷な業務下で「勉強時間」が乏しい実務経験者が、学生などの机上の勉強に負けてしまうパターンを多く見てきた。そんな資格が、有利なのかと考えてしまう。

しかし、全くの無駄であるとは思っていない。

 取得のための勉強は、実務経験者ならなおさら、再度基礎から見直すいいチャンスになる。実務下ではなんとなくスルーしてきたグレーな部分が明瞭になり、土台のしっかりした知識となるからだ。また、人に教えるときにも、しっかりとポイントを教えることができるだろう。

ベンダー資格も、キャリアパスによってはとても意味がある。

 しかし、やみくもに畑違いの資格を取得して、その畑を志望し「資格持ってます!勉強しました!独自に・・・。」というのでは、「一度だけですが、プロジェクト(商用)経験があります」という人に負けてしまうのが現状だろう。

 取り方によっては、例えばDBのスペシャリストになる、ネットワークエンジニアに特化するなど、そのときにはやはり格段役に立つ。(参考:パソコン資格ガイド

  • 基本情報技術者試験
  • ソフトウェア開発技術者試験
  • 上級システムアドミニストレータ
  • オラクル社オラクルマスター
  • SUN認定JAVA認定資格
  • シスコ社のCCNA
  • マイクロソフト社のMCP

 など、将来やりたい仕事を見据えて現在の稼動状況と経歴をふまえて取得努力をする・・・というのが、一般的な見解じゃないかと思うのだが。

女性的にオススメの資格

 上記に加えて、ここは女性的にオススメの資格を。それはマイクロソフト社のMOT(Microsoft Official Trainer)。

 トレーナー資格を取っておけば、将来的に結婚出産となり、仕事を続ける上でとてもフレキシブルな勤務体制の職を得ることができるからだ。

 パソコン教室や、ヘルプデスク、SOHOでの仕事などいろいろと需要があるのでオススメ。ただ、Office製品がアップグレードする度に資格制度も微妙に変化する点だけがネックだが・・・(製品自体もガラリと変わってしまうし。)。

参考1:ウェブデザイン関連の資格

 プログラマーからウェブデザイナーに転職する人も意外と多い。しかし、だからと言ってウェブデザインの資格は必須ではない。資格よりも作品を作って提出したほうが説得力がある。実際にサイトを作成して運営すると実入りが大きい。 格安レンタルサーバーでサーバーを借りて、サイト運営してみよう。

WEBデザインのスクールに通えば独学では気がつかないウェブ業界の作法なども学ぶことができるがやはり講座代が高い。ファイヤーワークスの使い方のようなサイトを見て独学で技術力を高めたほうがいい。 (参考: WEBデザインのスクール&通信講座の比較

参考2:パソコン以外の人気資格

 高齢化社会はもちろん、慢性的な人手不足で介護福祉士の需要は高くなっている。宅建も根強い人気の国家資格となっている。